×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

進化し続ける店 
百万ドル

犬山遊園駅の線路を越え、桃太郎神社に向かう途中。
この不思議な建造物が現れる。しかも、見るたびに少しづつ
ではあるが、派手になっていく。いや、進化している。
雑貨屋?民家?喫茶店?
様々な疑念の中、2012年夏、ついに取材に成功!



2010年                2012年

















作業中の様でペンキやらはしごがおいてあることが多かった、
2010年。
ちなみに2012年の写真にある『昭和レトロ館』や
『リトルワールド』は犬山市近隣のテーマパークだ。
看板犬

















2010年                2012年
ニューハーフから一転!神の領域へ!       

2010年

2012年 
マイナーチェンジも見逃せない


駐車場

宝塚劇団のスターたちがお出迎えしてくれる
喫茶店?レストラン?パブ?



ついにそのときがきた!

何度も潜入を試みたが、人の気配がないことと、準備中の
看板がその足を鈍らせていた。
しかし!2012年8月準備中となっていたものの、思い切って
そのドアを開けてみた!

「すいませ〜ん!やってますか〜?」




店内へ!

ベールに包まれた店内へついに潜入!
外観に負けず劣らずにカラフルでたくさんの絵が飾られている。
カラオケ完備のミラーボルあり。どうやらパブスナック風のようだ。
カウンターとテーブル席があり、なかなかの広さだ。
店内は靴をぬいで入り、絨毯式となっている。
テーブル席は10人ほど座れて広々快適空間。


チーターが炎を噴いているようだ。インテリアの配置からも
店主のこだわりを感じる。
龍の後ろは何気にイタリア国旗。


原色使いがたまらない。
むむむ!あの赤ん坊は誰だ!?



名画もあり!もはや、小美術館だ!



マスター登場!

マスターの大澤武史さん(右)と奥様の千年(ちとし)さん(左)
武史さんは「進化しつづける店」の作者である!
ちなみに赤ん坊の絵は息子のゆうきくん。
床がライトアップ!
これも武史さんが作ったそう。
赤や青にライトを変えられ点滅バージョンなどもあり、
曲やお客さんのリクエストに合わせることができる!

モーニング380円

モーニングにはサンドウィッチ・ドリンク・巨大あんみつ付!
名古屋らしいおもてなしに感激。
とっても気さくで面白いご夫婦!
親戚の家へ遊びに行ったような気分になれる!
一度行けばファンになること間違いなしの百万ドル。
おじさん!おばさん!また遊びに行くね〜!!
アクセス 名鉄犬山線 犬山遊園駅 徒歩1分

 
〒484-0081 愛知県犬山市大字犬山字瑞泉寺31-1
TEL 0568-62-3336
不定休 行きたい時は電話をすれば確実!
パーティー・貸切可

食べログ情報
http://tabelog.com/aichi/A2303/A230301/23047554/



トップページへ
©Harumi Kobayashi 2012,All Rights Reserved. 転用・転載を禁じます。